花咲がには、幻のかにとして知られています。根

花咲がには、幻のかにとして知られています。根室の花咲漁港がその名の由来で、周辺で水揚げされるかにのようでかにではなく、実はヤドカリというべきです。しかし、かににそっくりであることと、味がほとんど同じなので市場ではかにと一緒にして取引されるのが普通です。
身の芳醇さと食べ応えで知られ、産地が限られて漁獲量も少ないので誰もが認める有名なブランドがにです。通販だと、お店で買うのと違って持ち帰る負担がないので好きなだけ買えるのはいいですね。しかも、大口注文すれば、多くの通販で大変な値引をしてくれます。それを考えると、限界価格で買うことをねらっている場合は、一緒に買いたい人をたくさん集めて
かに通販でできるだけ大量購入すればいいのです。
注意点として、注文の品が届いた後、しばらくは全てのかにはお宅にあるわけで、そのための冷蔵庫か冷凍庫の用意をしておいてください。丸のままの冷凍かには大きいので、手間をかけずに解凍したいと考えるでしょうが、かにをおいしく調理するためには解凍は十分時間をかけましょう。かにをおいしく解凍するために忘れず行いたいのは室内の解凍は厳禁で冷蔵庫で時間をかけて解凍することです。これをきちんと守れば差は歴然なので、しっかり覚えておいてください。蟹には色々な食べ方がありますが、中でも美味しいのは蟹本来の旨みを凝縮した、塩茹でか蟹鍋です。
これまでに色々な調理法で蟹を食べてきましたが、間違いなくそう思います。
蟹を味わうには生の方がいいという方もいますが、刺身や蟹しゃぶは漁港の専門店で食べるような例外を除き、鮮度が落ちるので味は微妙です。蟹の食べ方として塩茹でや鍋が良いと言われる理由がそれです。それなら新鮮さが落ちた蟹でも、味の劣化は最小限に抑えられます。この食べ方なら、もし味に物足りなさを感じたとしても定番の土佐酢はもちろん、醤油やポン酢など付けるものを工夫すればたちまち美味しくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です